玄洋会について

法人名

社会福祉法人 玄洋会

理事長

楠 峰光

所在地

〒811-3522 福岡県福津市奴山616

アクセスMAPはこちら >>

連絡先

TEL:0940-52-4686
FAX:0940-52-4687

基本理念

基本理念 援助・実践・自立自尊

玄洋会のあゆみ

平成2年11月

社会福祉法人 玄洋会 設立

平成3年7月

昭和学園 開設

平成11年7月

やまと更生センター 開所

平成18年10月

児童・学童発達支援事業さくら(現 地域支援センター・さくら)開所

平成21年4月

糟屋子ども発達センター・さくら保育園 開所

平成22年5月

浜千鳥 開所

平成24年4月

ケアホーム若杉 開所

平成25年4月

宝満 開所

平成26年4月

福津子ども発達センター・さくら館 開所

平成29年10月

安ら居 開所

令和3年4月

福岡東子ども発達センター・さくら園 開所

提供しているサービス

玄洋会では、就学前のお子さんから成人期以降の方まで、
ライフステージに沿った サービスを提供しています。

提供しているサービス ライフステージ別の説明

福岡精神発達障害療育研究所

福岡精神発達障害療育研究所は自閉症等精神発達障害児に関し、以下の活動を行っています。

  1. 精神発達障害及びその疑いのある幼児・児童(以下、幼児・児童)についての相談・指導 
  2. 幼児・児童の小集団保育及び個別療育 
  3. 療育キャンプ等の実施 
  4. 紀要・論文集の編集・発行 
  5. 幼児・児童に関する地域福祉活動及び啓蒙実践活動

玄洋会では、開設当初より専門性を高めるための「研究」を大切にしてきました。 現場では事例検討を繰り返したり、各種研究会や学会に参加したり、何より医学・教育・心理・福祉等各分野の専門家である顧問や理事の先生方に指導を受ける形で、指導員の臨床技能の向上に努め てきました。 そういった研究・研鑽活動の一環として、平成8年から紀要「精神発達障害研究」を折に触れて発刊し、現在までに5巻発刊しました。

広報誌「玄洋会便り」

機関紙 「玄洋会便り」を年5~6回発行しています。

アクセスMAP