最重度は重・中度に 重・中度は中・軽度に 中・軽度は自立更生へ

〒811 -3522福岡県福津市奴山616
TEL 0940-52-4686 FAX 0940-52-4687
E-mail:syouwa@mocha.ocn.ne.jp 
HOME  |   職員募集   |   法人沿革    |   事業・サービスのご案内   |   地域支援・社会活動   |   事業報告・決算報告   |  
生活介護  |   自立訓練  |   就労継続支援A型  |   日中一時支援事業  |   施設入所支援  |   共同生活介護(ケアホーム)  |   短期入所  |   児童発達支援  |   障害児等療育支援事業  |   放課後等デイサービス  |   東福岡特別支援学校 放課後等支援事業  通称さくらルーム  |   新宮町障がい児長期休暇日支援事業  |   相談支援事業(指定特定相談支援、指定障害児相談支援)  |   保育所等訪問支援サービス  |   知的障がい者相談支援センター  |   福祉サービス苦情解決のしくみ  |   放課後等デイサービス自己評価  |  

通所支援のご案内

生活介護

   生活介護サービスとは、適切な環境が整えられている施設において利用者に対し、日中、入浴、排せつや食事などの介護・指導をしたり、 創作的活動、生産活動など日中活動への取り組みを支援したりすることです。また、自宅等での生活について、入浴、排せつや食事等の介護、調理、洗濯、掃除 等の家事を始め生活に関する相談をしたり、身体機能や生活能力の向上のための必要な援助・指導をすることです。
対象者は、障害程度区分が区分3以上である人です。
  <問い合わせ先>
    昭和学園 (TEL0940-52-4686) パンフレットへ
        やまと更生センター (TEL 092-607-3778)パンフレットへ
     浜千鳥TEL 0940-62-1167)パンフレットへ
     宝満  (TEL 092-652-1005)パンフレットへ

自立訓練

   昭和学園とやまと更生センターでは、食事、排泄、入浴等に関する自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談や援助 を行うことを目的に、必要な支援を行っています。昭和学園では、利用者の適性に合わせて、絵画教室や籐編み教室で作品作りにはげみ、パンやクッキーを焼い て地域のバザーで、その作品やパン・クッキーを販売しています。絵画作品は公募展で受賞したり、公共施設の壁画に採用されたりしています。また、鶏を育 て、採卵・洗卵・パック詰めまでを行い、生産する喜びを味わっています。加えて、地域のバザーに出店し、来場される皆さんと接しながら、授産品などの販売 を実践しています。最初の頃は、人のいないところでしか「いらっしゃいませ」が言えなかったり、頑張るあまり、興味のないお客様に声をかけ続けたり…。言 葉遣いや人との接し方など、難しい課題は多いですが、出店のたびに、一歩一歩、克服しています。やまと更生センターでは、パン・クッキー作りや運動、創作 活動に力を入れています。社会参加を目指し、それぞれの持てる力を十分に発揮できるよう、多彩な支援をおこなっています。クッキーや籐編み、陶芸を作り、 地域のバザーで販売したり、福岡市のスポーツ大会に参加したり、時には絵画作品を揃えて個展を開いたり。やまと更生センターは、「自分らしさ」を支援し、 少しずつ“できること”を積み重ね “やりたいこと”を実現しています。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  ( TEL 0940-52-4686)パンフレットへ
    やまと更生センター (TEL092-607-3778)パンフレットへ

就労継続支援A型

    就労継続支援A型は、自立した日常生活や社会生活を営む事が出来るように支援を行います。農作業や養鶏作業、パン作り作業等の就労の機会を提供するとともに、内面の向上を目指した活動に取り組んでいます。他者との協働作業を通して連帯意識の醸成や集団活動の中での役割意識や責任感の自覚、座学なとを通して社会人としての必要な知識やマナーの習得などを図り、社会人としての自覚を深め、自立心を向上し、職業人にふさわしい立ち振る舞いをすることが出来るように取り組んでいます。

  <問い合わせ先>
    浜千鳥  (TEL0940-62-1167)パ ンフレットへ

日中一時支援事業

   やむを得ない事情が生じてその目的に在宅の障害児・者を家庭でケアできない場合、或いは両親のレスパイトや家族調整等の場合、一時的 に施設でケアします。

  <問い合わせ先>
    昭和学園 (TEL 0940-52-4686)パンフレットへ
    やまと更生センター  (TEL 092-607-3778) パンフレットへ

入所支援のご案内

施設入所支援

    主として夜間において排泄、食事、入浴等の介護、生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行うことを目的として実施しています。内容 としては、洗濯・衣類・清掃・入浴・リネン・家庭調整・余暇支援等、日常生活に関わる支援を行っています。施設入所支援は集団生活となるため、プライバ シーや自由がないと考えられるかもしれません。基本的な生活の流れというものはありますが、個人の自由を最大限に保護し、権利を尊重し、毎日の生活が豊か であるように情緒の安定を図り、生活リズムを整え、利用者の自主性、主体性を育てるよう指導・支援を行っています。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  (TEL 0940-52-4686)パンフレットへ

共同生活介護(ケアホーム)

   共同生活介護サービスとは、事情により自宅での生活が困難な人を主として夜間、入浴、排せつや食事などの介護、調理、洗濯や掃除などの家事、生活全般に 関する相談をしながら、数人で共同生活することを支援することです。また、日中利用する就労先や通所先など他関係機関との連絡や調整を始め、その他必要な 日常生活上の支援をします。対象者は、障害程度区分が区分2以上の人です。

  <問い合わせ先>
    ケアホーム若杉 (TEL 092-931-5011)パンフレットへ

短期入所

  短期入所の利用に関しては、相談受け付けから始まり、短期入所希望の理由やケースの状況について聞き取りを行い、施設内の状況を鑑 みた上で最終的に受け入れ可能かを決定します。短期入所の希望日が重なったときは、希望理由等を考慮し緊急性の高いケースを優先し、日程を調整させていた だくこともあります。受け入れ施設のハード面においては、園内外の環境整備・環境設定を行い、サービスを受けるすべての利用者が安全に快適に過ごすことが できるよう努めています。ソフト面においても職員研修等を実施し、自己の研鑽に努め、障害児・者やその家族に安心してサービスを受けていただけるよう努め ています。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  ( TEL 0940-52-4686)パンフレットへ
    ケアホーム若杉 ( TEL 092-931-5011)パンフレットへ

児童発達支援のご案内

児童発達支援

   心身の発達に遅れがある、或いは遅れの疑いがある未就学の幼児に対して、個々の状態に合わせた療育や指導を行い、小集団保育や個別療育等豊かな発達と集 団生活への適応を目指した支援を行っています。

  <問い合わせ先>
    糟屋子ども発達支援センター (TEL092-948-4468) パンフレットへ
    福津子ども発達センター・さくら館 (TEL 0940-42-1235) パンフレットへ

障害児等療育支援事業

   在宅障害児・者の地域生活を支援する相談支援専門員(社会福祉士)を配置し、施設機能とマンパワーを活用して療育等専門的援助を行っ ています。 現在は、訪問療育、外来療育、施設支援一般の3つの事業を行っています。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  (TEL 0940-52-8551)パンフレットへ

放課後等デイサービス

   学校通学中の児童が、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、障害児の自 立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを行っています。

  <問い合わせ先>
    さくら (TEL 0940-52-8551)パンフレットへ
    糟屋子ども発達支援センター (TEL092-948-4468) パンフレットへ  
    宝満 (TEL 092-652-1005) パンフレットへ

東福岡特別支援学校 放課後等支援事業  通称さくらルーム

  東福岡特別支援学校に通う児童・生徒へ放課後等(土曜・長期休暇含)の活動の場を提供し、より豊かな遊びの場を保障しています。学 校内に併設された専用施設、校庭、近隣の公園、夏季休暇にはプールなどを主な活動の場としています。また、季節の行事なども取り入れ、毎日楽しく活動して います。
さくらルームは、児童生徒の豊かな生活の場の提供と共に、保護者のレスパイト・就労支援という役割も担っています。

  <問い合わせ先>
     やまと更生センター (TEL 092-607-3778) パンフレットへ

新宮町障がい児長期休暇日支援事業

   新宮町から平成19年に委託を受けた事業で、新宮町内に居住する児童・生徒が夏季・冬季・春季の長期休暇の期間に、安全で有意義な時間を過ごすことがで きる活動の場を提供しています。保護者の就労支援や障がい児を日常的にケアしていられる家族のご負担を軽減することを目的としています。やまと更生セン ター内で実施しており、希望者には送迎サービス・給食・おやつも提供しています。

  <問い合わせ先>
    やまと更生センター  (TEL 092-607-3778) パンフレットへ

相談支援のご案内

相談支援事業(指定特定相談支援、指定障害児相談支援)

   相談支援専門員が福祉サービスの利用援助、社会資源を活用するための支援、社会生活力を高めるための支援、権利擁護のために必要な援 助、専門機関の紹介、サービス等利用計画・障害児支援利用計画の作成等を行います。
あなたの「困った〜」の力になります。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  (TEL 0940-52-4686)パンフレットへ
    やまと更生センター (TEL092-607-3778) パンフレットへ
    糟屋子ども発達支援センター (TEL092-948-4468) パンフレットへ  
    宝満  (TEL 092-652-1005)パンフレットへ

保育所等訪問支援サービス

   学校通学中の児童が、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、障害児の自 立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを行っています。

  <問い合わせ先>
    昭和学園  (TEL 0940-52-4686)パンフレットへ
     糟屋子ども発達支援センター (TEL092-948-4468) パンフレットへ  

知的障がい者相談支援センター

  知的障がい者相談支援センターでは、地域在住の障害者本人、家族、或いはその関係者からの相談に応じ、障害者本人が住み慣れた地域でより生き生きと豊かな 暮らしを送ることができるよう支援を行います。具体的には、障害者本人、家族の生活ニーズを総合的に把握し、そのニーズに応じた支援が受けられるよう、必 要な社会資源の調整や情報提供を行います。日々の生活を送る上で何かお困りのことがあれば、まずは気軽にご相談下さい。

  <問い合わせ先>
    やまと更生センター  (TEL092-607-3651) パンフレットへ  

福祉サービス苦情解決のしくみ

苦情解決組織図

     苦情解決組織図一覧 (PDF)


放課後等デイサービス自己評価


   放課後等デイサービス自己評価表を基に、保護者からの評価・職員の自己評価を実施しました。

 児童・学童発達支援事業さくら    事業所向け (PDF)    保護者向け (PDF)
 放課後等デイサービスやまと    事業所向け (PDF)    保護者向け (PDF)
 障害福祉サービス事業所宝満・親子桜    事業所向け (PDF)    保護者向け (PDF)
 糟屋子ども発達センター・さくら保育園    事業所向け (PDF)    保護者向け (PDF)
 福津子ども発達センター・さくら館    事業所向け (PDF)    保護者向け (PDF)